2010/10/06(水)W-SIMで位置情報を取得してみる

2010/10/06 7:06 W-SIM nucho
W-SIMとはウィルコムが開発したPHS網にアクセスするための無線モジュールです。
シリアルで制御することができるため、これを利用して自分で電話機を作った方もいらっしゃいます。

以前から私も興味があったのですが、ようやく準備が整ってきたので今更ながらちょっとだけ遊んでみました。

回路図

w-sim_iti_schematic.PNG


W-SIMのピンアサインはこちら、接続はこちらを参考にさせていただきました。

やったこと

ターミナルで通信

mbedのHandbookのSerialに載っているmbedを介してPCとDeviceが通信を行うサンプルを使いました。
別にRS232インターフェースICを使うのと変わりませんね^^;
ターミナルに
AT@LBC1(位置情報取得 ON)
AT@LBC?(位置情報取得)
と打つと現在の粗い座標と郵便番号を返してくれました。
w-sim_iti_capture.png


キャラクタLCDに表示

それだけだとmbedを使った意味がないかなと思ったので次は直接mbedから
device.printf("AT@LBC1\r\n");
device.printf("AT@LBC?\r\n");
というように信号を送って、座標をLCDに表示させてみました。

101004-181025.jpg

やっぱり同じ表示でもLCDに出力するだけで「作ってる感」があって楽しい気がしますね。
これから発展させてエッジeメールや通話をやってみたいところです…。
OK キャンセル 確認 その他