2010/09/29(水)Sable-2015にSSR取り付けた

2010/09/29 5:37 CNCimport nucho
Sable-2015はスピンドルが独立しているため、切削が始まる前に電源を入れて終わったら止めるということをしなくてはなりません。
切削が終わった時にその場にいないということもありますから、できればそこは自動で制御されて欲しいところですよね。

説明書にSSRをとりつけて制御する方法が載っていましたが、具体的な材料などは書いてなかったので製作の例として記事を書いてみました。

作った

材料

100923-174507.jpg

名前買ったところ値段
SSR秋月\250
D-sub15ピン(メス)秋月\50
コンセントダイソー\100
プラグダイソー\100
電気コードダイソー\100
TB-39カホパーツ\200くらい
カホパーツは近所の部品屋さんです。
ケースは適宜適当なものを選ぶということで^^;

配線

ssr_hansen.png

雑ですがこんな感じです。
SSRにはんだ付けするために、電気コードは二つに裂いて一本は二つに切って使いました。
普段意識しませんけど、コンセントに挿すやつはプラグって呼ぶんですね。

できた

100923-215054.jpg

SSRはテイシンのTB-39という箱にギリギリはいるようでしたので、リュータで加工して詰め込みました。
そこそこ綺麗にまとまって満足です。

Mach3を設定する

そのままだと常にスピンドルが回りっぱなしなので設定を行いましょう。
コピペは何となく駄目な気がしたので付属CDの中の説明書を参考にしてください。

これでGコードの主軸回転、主軸停止の信号で制御されるようになります。

現状の問題点

  • スピンドルを回して、一度でも止めるとMach3を再起動するまで二度と回せない
  • PCの電源を落とすとスピンドルが回り始める
    • 使わないときはコントローラ電源を落としておくべき?
OK キャンセル 確認 その他