2010/06/02(水)mbedでTextLCDを動かしてみた

2010/06/02 25:48 mbed nucho
4年くらい前に買ってずっと眠らせたままだったキャラクタLCDを発掘したので、
ちょうどいい機会だと思いmbedのサイトのCookBookの中のTextLCDを試してみました。


モジュールの形は違いますが、入力電圧が5Vであること、Voに接続する抵抗が100Ωということ以外、回路図はmbedのサイトのものと同一です。
サンプルプログラムのコメントアウト文でd0, d1, d2, d3と書いてありますが、回路で実際に繋ぐのはLCDのDB4,DB5,DB6,DB7であることに注意してください。

まずはcookbookのものをそのまま動かしてみました。
#include "mbed.h"
#include "TextLCD.h"

TextLCD lcd(p24, p25, p26, p27, p28, p29, p30); // rs, rw, e, d0, d1, d2, d3

int main() {
    lcd.printf("Hello World!");
}
100603-015247.jpg



次にmain文の中をこんな感じに書き換えてみました。
            lcd.locate(0,0);
            lcd.printf("test1");
            lcd.printf(" %s","test2");
            lcd.locate(0,1);
            lcd.printf("%d",12345678);
100603-015131.jpg


LCDの行を変更するときはlcd.locateを使うみたいです。
同じ行にprintfをしていくと、この例の1行目のように後ろに付け加えられていくので、新しく表示したい場合はlcd.cls()を使いましょう。
%dや%sなどのprintfのフォーマットがそのまま使えるのがとても便利ですね。


今回はこんなところです。
とにかく扱いが簡単なので、ちょっとした表示に良さそうです。
OK キャンセル 確認 その他