2011/01/09(日)FusionPCBにてはじめての基板発注

2011/01/09 24:24 電子工作 nucho
110107-131236

ちょっと前にFusionPCBという基板を製作してくれるサービスを知りました.
ここを利用すれば,5cm*5cm*10枚で20ドル10cm*10cm*10枚で40ドルで二層基板を製作することが出来ます.これは大変に安価ですね.

前々から私は基板発注に憧憬の念を抱いていたため,必要そうだった基板をでっちあげて発注してみました.今回はその記録です.

ファイル出力

motorkiban

設計はMBEで行いました.
「File」「Export CAM data」「Gerver」として画面を開き「PLS,STC,CMP,SOL,STS,PLS,DRL」の7つにチェックを入れてガーバーファイルを出力します.

提出するファイルの拡張子が指定されてるみたいだったので,その後
書き換え前CMPSOLSTCSTSPLCPLSDRD
書き換え後GTLGBLGTSGBSGTOGBOTXT
というように拡張子だけ書き換えます.
ドリルのレイヤーで.DRIというファイルも一緒に出力されてくるのですが,これは無視して提出しても大丈夫でした.
なお,基板の外形はシルク印刷のPLC,PLSあたりのレイヤーで書いておけば大丈夫のようです.

念のため提出の前にはGerbvなどのソフトできちんと出力できているか確認しておきましょう.

発注

手順としてはこちらで説明されている通りでした.
1. ショッピングサイトでFusion PCBサービスを購入する
2. オーダー番号がメールで送られてくる(from order@seeedstudio.com)
3. オーダー番号をメールのタイトルに入れて、ガーバーファイルを pcb@seeedstudio.com に送る
4. デザインルールにマッチしていれば4日~6日で基板が発送される
Fusion PCBに発注。- なんでも作っちゃう、かも。
情報を補足するとすれば,ガーバーファイルを送るときは別に小粋な挨拶など必要なく,ぶっきらぼうにzipでまとめたファイルを送りつけるだけでもちゃんと対応してくれたよということくらいでしょうか.
speeedstudioさんの懐は深いです.

待つ

ガーバーファイルを送ったら後はわくわくしながら待つのみです.
私の場合だと以下のような日程で作業が行われました.年越しを挟んだにしては早いでしょうか?
  1. 2010/12/15 注文
  2. 2010/12/15 ファイル送信
  3. 2010/12/17 受け付けたよメール受信
  4. 2010/12/21 基板発送
  5. 2011/01/06 基板到着
ちなみに既定のサイズよりも小さい基板を発注すると勝手に面付けを行ってくれる?ようで,外形が49.53*49.53mmだと11枚を届けてくれました.
勝手に面付けしてくれる訳ではなく、テキトーにおまけが付くくらいの感じみたいです。。

今回5cm*5cmコースで注文を行ったのですが,料金は送料込みで2032円.
このお値段ならどんどん発注できますね.凄い時代が来たものです.
OK キャンセル 確認 その他