2011/12/12(月)mbed向けにAD-128160-UARTのライブラリ作った

2011/12/12 18:14 mbedimport nucho
aitendoには高速1.77インチ液晶モジュールというとても便利そうなLCDモジュールが売っています。

このLCDの特徴としては
  • 3.3V単電源で駆動できる
  • 少ない信号線で制御できる(txとresetの二線のみ)
  • 点、直線、四角形、円などの図形を高速に描画できる
  • ASCIIフォントが組み込まれている。(設定を行うことで日本語も書き込めるみたいです)
  • miniUSB端子が付いており、PCからもコマンドを送ることで制御できる
などなど嬉しいことずくめです。これは一家にひとつ常備しておかなくてはなりませんね。知りませんけど。

というようにスペック上は魅力あふるるLCDなのですが、発売後数ヶ月経ってもaitendoが碌にデータシートを公開していないため、これまでは真っ暗な液晶を眺めながら可能性を想像する程度の置物レベルの価値しかありませんでした。
現在はGingaXさんが使い方をまとめてくださって、基本的な使い方はわかるようになったので今回はmbed用にライブラリをつくってみたという次第です。

使ってみる

写真

RIMG0592_org

回路図

AD_128160_UART_circuit

プログラム

#include "mbed.h"
#include "AD128160.h"

AD128160 lcd(p9,p20);//tx reset

//2バイトRGBをつくるための関数
int rgb565(int r, int g,int b)
{
    int rgb;
    
    rgb = (r & 0xF8) << 8;        /* RRRRR----------- */
    rgb |= (g & 0xFC) << 3;       /* -----GGGGGG----- */
    rgb |= b >> 3;                /* -----------BBBBB */
    
    return rgb;
}

int main() {
    lcd.backgroudColor(rgb565(255,0,0));//文字の背景色を赤に設定
    lcd.locate(2,lcd.rows()/2);         //大体真ん中あたりに移動して
    lcd.printf("Hello World!\n");       //お馴染みの文を表示
    
    lcd.color(rgb565(0,255,0)); //図形の色を緑に設定
    lcd.box(12,76,116,100,0);   //塗りつぶしなしで矩形表示
    lcd.box(8,120,124,146,1);   //塗りつぶしありで矩形表示
    
    lcd.color(rgb565(255,0,0)); //図形の色を赤に設定
    lcd.circle(16,40,16,0);     //塗りつぶしなしで円表示
    lcd.circle(48,40,16,1);     //塗りつぶしありで円表示
    lcd.circle(80,40,16,1);     //塗りつぶしありで円表示
    lcd.circle(112,40,16,0);    //塗りつぶしなしで円表示
}
細かいライブラリの使い方なんかはクラスリファレンスを読んでください。
ライブラリをつくるときにStreamクラスを継承して_putc()メンバー関数をLCDにあわせて作成することでprintfにもあっさり対応できてます。

画像も表示させてみる

RIMG0595_org
どのくらいの発色なんかなーと16bit bitmapデータを作って表示させてみました。
まーまー綺麗に表示できますね。

こちらのプログラムも一応ここに置いておきます。
試すときの128x128の16bit bitmapは各自準備してください。。
OK キャンセル 確認 その他